【お悩み解決コスメ】妊娠線や臭い対策に役立つクリーム化粧品

女性

成分を見て選ぶ

笑顔

妊娠するとお腹が大きく膨らむため、肉割れのような線が出来てしまいます。この線を妊娠線と呼び、女性の悩みとして問題視されています。妊娠線は見た目が悪いことや、皮膚が伸び肌がたるんでしまうため、水着の着用や肌の露出ができないなどの問題が挙げられます。そのため、女性の多くが妊娠線をカバーするクリームなどを塗布しています。妊娠線クリームには、さまざまな種類がありますが、その中から効果の高いものを選びたい人は保湿力に注目しましょう。妊娠中に妊娠線クリームでマッサージをし、妊娠線の発生を予防をしたい人や、既に出来てしまった妊娠線をケアしたい人も、保湿がもっとも大切なので保湿力の高いクリームを購入すると適切です。保湿成分として代表されるのが「セラミド」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」などです。これらの成分は肌の表面を保湿するものなので、肌の奥を保湿してくれる「シラノール誘導体」が含まれている妊娠線クリームを選ぶようにしましょう。肌表面の保湿も内部の保湿も同時に行なうと高い効果を得られるので、妊娠線クリームを購入する際は、含まれている成分に注目することが大切です。

妊娠中、妊娠線クリームを使用する際は、胎児のことを考えて成分に注意する必要があります。妊娠線クリームの中に、「パラペン」や「サリチル酸」「ハイドロキノン」「トルエン」などが含まれている場合は注意しましょう。これらの成分は胎児に悪影響を及ぼす危険性があるので、成分表記表を正しく見て購入を検討しましょう。また、最近人気を集めているアロマオイルにも妊婦には危険な成分が含まれています。妊娠線クリームの中には植物オイルが配合されているものもありますが、購入する際は刺激が少ないものを選ぶ、妊婦でも安心して使用できるオイルか調べるなどの対策が適切です。妊娠線クリームは、妊婦の体のことを考えると同時に胎児のことも気にかける必要があるので注意しましょう。